30数種類のぶどうに情熱をかける安心院ぶどう農園へ

8月下旬の安心院農園の様子です。

透明のビニール袋(空気穴あき)
一般的には、白い袋ですよね!

 どうして?

 一番に陽の光。次に、外から見える事、葡萄狩りに便利。

 このまま狩りとってすぐに箱に入れて発送可能なので、合理的な透明なビニール袋です。


●草が生えていないので農薬、除草剤は使いません。

園内が奇麗ですよね
紅伊豆


 甘いぶどうですから、シャーベットに
適しています。

 ほとんどの葡萄には

 このような説明書きが
  貼っていますから、

   わかりやすいですよ。
30数種類のぶどうに情熱をかける安心院ぶどう農園へ
食べごろサイン


 葡萄狩りのお客様へは

 このような札で

 食べごろ

 まだ 酸味が一杯


 わかるようにしています。
30数種類のぶどうに情熱をかける安心院ぶどう農園へ
 
 ●
8月末でも まだまだ 色も糖も入っていません、

 収穫時期は?  9月中旬まえですね。

  綺麗な園ですので、 虫も草も生えません。

  農薬を使わない  これが、秘訣ですね。


 ●アルミ箔は光をもれなく葡萄へ

 ●はるみにお友達が

  犬のはるみに、お友達が増えました。

  川村さんはネコを飼おうと思っていた矢先に、 捨てられて足を折り毛も抜けていたネコが。

  獣医の保護で、やっと元気な姿になっています。


 はるみも、昔は飼い主に虐待を受けていた可哀そうな子犬でした。その2匹が今は可愛いお仲間。

 

30数種類のぶどうに情熱をかける安心院ぶどう農園へ