30数種類の安心院ぶどう農園‖‖ぶどうのこだわり‖‖ぶどう狩りのご案内‖‖ぶどうのご注文‖‖お問い合わせ

 
 ぶどうがどうして美味しくなるの?
  お子様風に





まずは、ですね!

根には、大きく分けて 2つ


 1.幹線道路と同じで、交通量を多く
  することと同じで栄養が沢山移動する
  ように、大きな根が必要です。


  しかし、この大きな根は必要以上には
  入りません。


  地上の幹と葉の大きさや量次第ですが、
  風の影響を受けないで成長するハウス
  栽培は最小限の根で大丈夫です。

  


お国が無駄に高速道路を造っても
あまり、民の役には立ちませんよね
それと同じなんです。




 2.毛細根。これが、栄養を吸い上げる
   水分を吸い上げる非常に大切な役目。

人間も同じですね!

毛細血管ですよね! これが、詰まれば
これが、しっかりしていれば
いつも 肌も内臓も綺麗。




根域制限栽培では


はじめは、土の少なめです。
そして、1年ぐらい経過して少し
土を増やします。
さらに1年で
充分な土を与えます。



どうしてかって?

人間と同じ!!




座って半畳! 寝て1畳!

地上の幹と葉の大きさ、量にあう
毛細根をしっかり生えさせる。
遠くまで延ばすのではなく
近場でしっかり、根を張る


これって! 人生と同じですよね!


そして、

幹と葉と実



幹が太いほど、大量の栄養を移動させます
しかし、長いとどうでしょうか?



幹が長すぎるよ、栄養を実にあげずに
幹で消耗してしまうんですね!




これも、高速道路と同じ!
長く造ればいい訳ない。





は当然ながら、太陽の窓口。

ここで光合成で栄養がどんどん
蓄えられるのですが、葉も生きてます。


だから

過度の葉はしっかり落とします。

葉も栄養を欲しいですからね。



最後は


ぶどうは品種により差はありますが
大まかに、実の粒が50〜100粒ぐらい

巨大粒の藤稔は1房に
20〜30粒
1粒が20g〜25gになるには
当然、タイミングよく間引き。



タイミング!



早すぎると、そのぶどうのツルが
太くならずに、ぶどうの実に
栄養を送る道路が狭くなるのです。

遅すぎると、取るはずの実に
栄養が行ってしまうので、旨みが
不足してしまうんですよね。

それに、品種によって
間引く場所が微妙に違う。
これも、試行錯誤、研究の成果
どんどん美味しくなる。

以外に、シビアですよ ぶどうって!




30数種類の安心院ぶどう農園‖‖ぶどうのこだわり‖‖ぶどう狩りのご案内‖‖ぶどうのご注文‖‖お問い合わせ

 
”めかにずむ”が解っても、やはり最後の最後は 
!! 熱意 !!


どれだけ、毎日ぶどうを観察して変化を確かめ

最善な手立てを品種ごとに丁寧にしてあげるか!

農園に住む 川村園主だから出来るのです。





なんとも、異様な感じですよね! 
   
今年のマニキュアフィンガーはやや小太りで

爪のようにが細くなっていません。栄養が多過ぎ?


なぜ、農薬を使わないのか?
   
露地栽培と違い、雑草が生えません。

草履を履いて園内を歩くのです。

なぜ、完熟前なのに、葉が枯れているの??
   
それは、ですね! 秘密があるんです。

この品種に最適な最小限度の水分しか
与えずに、栄養を実に集中させているのです。

だから、葉は枯れます!

30数種類の安心院ぶどう農園‖‖ぶどうのこだわり‖‖ぶどう狩りのご案内‖‖ぶどうのご注文‖‖お問い合わせ