30数種類のぶどう農園‖‖ぶどうのこだわり‖‖ぶどう狩りのご案内‖‖ぶどうのご注文‖‖お問い合わせ‖‖生の声
   



 
 ぶどうジャムを作りたいのですが、ジャム用のぶどうやぶどうジュースありますか?
 秋にご案内できると思います。
 
収穫の状況などで変化しますので、9月中旬にお問い合わせをお願いします。

お問い合わせ



ぶどうは皮ごと,
 口に入れるので残留農薬などが心配です。安心して食べられますか?























































 ご指摘のように農薬は怖いですね。
 
余談ですが、農薬と同じぐらい怖いのに以外に眼中にないのが、添加物(保存料、着色料、発色料)です。明太子や乾モノ、ソーセージなどに含まれる亜硝酸Naは野菜果物などからも自然摂取されますが、化学合成のものは代謝がし難く体内に蓄積されて発がん性があると言われいます。
 
他に、怖いのはポストハーベスト農薬(直訳で収穫後の農薬)です。保存性を高める為に使われますが、以外とアメリカ国内流通には使用禁止で、輸出向け(アジア)には使用しています。熱い太平洋を船で数か月常温で輸送されるのですから、防カビ、防腐剤はばっちり残留しています。

 笑い話をひとつ
 老舗の葬儀屋の方が言うには 
「昔は、夏にお亡くなりになると、腐乱しないようにドライアイスを数キロも使っていたんだけど、最近では全く使わないでも、腐らないって
 なぜ?  日本人は一番、防腐剤を食べているからって」

 もうひとつ
 最大手コンビニチェーンの店長が言うには
「弁当やおにぎり、サンドイッチが余るので、捨てたらもったいないから、近所の養豚場に差し上げたんです。 でも、豚が全然食べないんですって! 
  なぜ? 野生、自然の動物は舌味覚が敏感だからだって」

 真実かどうか、分りませんが 本当にありそうな話です。

 長くなりますので、別ページで詳しく説明します。後日詳細に>>>

 安心院農園では、ハウス栽培で地面はシートにしています。だから草が生えませんから除草剤を使いません。肥料に化学合成肥料ではなく、有機肥料を使いますから、害虫が出来にくので除虫剤を使用しません。
 収穫後、その日またあくる日に発送しますから、収穫後の保存農薬は当然使用しません。
 水の専用タンクで一旦保管していますので、水道水のようなトリハロメタンが発生しやすいような状況ではありません。
 だから、安心して皮ごと食べられます

 

マニキュアフィンガーなどのフィンガー系のぶどうのみの注文はできないの?




申し訳ございません。
 
安心院農園では、詰め合わせの宝石箱をお客様へ楽しんで頂くために、30数種類を育てています。
 
ぶどう狩りに来られるお客様にも、ご協力をお願いしております。

 ご理解をよろしくお願いいたします。




ぶどうの他に、アイスなどはないのですか?


















































































ございますが、シーズンオフの商品になります。
 
今までの商品を簡単にご紹介します。

ピオーネやハニービーナスやゴルビーなど、各種のアイスを造っていました。
秋に、ご案内をいたします。
一昨年は、ピエトロさんでコンポートも販売をしておりました。
 今年は、皮ごと煮込みました。
 
 奥湯布院といわれる大分県の安心院(あじむ)はぶどうの名産地。寒暖の差が激しい土壌はぶどう作りにとても適しています。今回のピエトロコンポートには安心院農園川村さんのピオーネを選びました。

ピオーネの意味って?   
 ピオーネとはイタリア語で開拓者という意味。川村さんはまさに開拓者。土づくりからぶどうの品種に応じた水やりにまで独自の栽培法を行っています。そうして大切に大切に育てられたぶどうは、ストレスが少なく良品です。果汁が多く、皮は薄く果肉と密着して、皮ごといただけます。ぶどうのおいしさを長く味わえるコンポートで、安心をお召し上がりください。


インターネットしか注文できないの?
 他にも、電話、FAX,メールでも構いません。
 
電話は、 直通090-5674-7185 坪井
FAXは、 お名前、ご住所、ご注文内容を書いて頂いて0946-21-2208へ
メールは、info@e-ajimu.com

 保管の方法はどうすれば、長持ちしますか?
 やはり、冷蔵庫が一番です。
仏壇などへのお供え物には、クール便ではなく、常温便の方が持ちはいいですが、長くは保管はできません。
 
冷凍にして、シャベット感覚で冬に楽しむのも、美味しいですよ。

 スーパーのぶどうの様に安くなりませんか? 高いように思いますが?






申し訳ございません。
 
安心院農園では、有機栽培を目指しておりまして手間暇をかけています。加えまして、30数種類を育てていますから、川村夫妻がほぼ年中無休で働いています。
 
自然災害に遭わないように、ハウスも丈夫にしておりまして、コストが掛っていますので、ご理解をお願い致します。

 お値段に匹敵するような魅力のあります味・品質、安全性でご提供をさせて頂く所存でございません。
  決して、今のお値段以上の価値がございます。




30数種類のぶどう農園‖‖ぶどうのこだわり‖‖ぶどう狩りのご案内‖‖ぶどうのご注文‖‖お問い合わせ‖‖生の声

nouyakunado.htmlへのリンク

農薬や添加物や環境ホルモンなどの有害物質について